起業はバーチャルオフィスから|賃料の安さが魅力

積み木とパソコン

相続対策による物件の増加

不動産

一極集中の傾向

少子高齢化の影響で人口の減少が顕著となっておりますが、首都圏への一極集中が加速されていますので、埼玉県では人口の増加が見られます。首都圏一極上昇は埼玉地区での土地価格にも影響が現れていて、地価の上昇が顕著となっています。日本では相続増税が実施されましたので、地価上昇は相続税への影響が大きいこともあり、埼玉県でもアパートやマンションの建設が増えています。こうした節税対策による建設の増加は賃貸管理の優劣による差別化が事業の帰趨を決めることが少なくありません。埼玉県は東京へのベッドタウンとして最適な位置づけになっているうえに最近は鉄道アクセス改善によって地域の魅力が増大しておりますが、物件の増加は競争の激化に繋がります。

スケールメリットの活用

アパートやマンションの賃貸管理は規模によって方法が異なる傾向を示しています。小規模なアパートの賃貸管理はオーナー自身で行うことが可能となっています。しかしながら税制上で事業として認められている10戸以上となる場合には専門会社に賃貸管理を委託することが必要となるケースが多くなっています。アパートやマンションは個別に賃貸借契約を結ぶ必要がありますので、必ずしも条件が同じになるというわけではありませんので個別に交渉する際には専門業者に委託する方が間違えはありません。業者選定においてはスケールメリットの生かせる業者はコスト対応力があるので何社かとの相見積もりで検定することが賃貸管理を安心で有利に導くカギとなります。

Copyright© 2015 起業はバーチャルオフィスから|賃料の安さが魅力All Rights Reserved.